ロボット・プログラミングのこと色々

西東京市 ロボット プログラミングで遊ぶ ブログ村

Pocket

この記事は、西東京市の田無で、ロボット プログラミングで

遊ぶ又はこれから遊ぼうとしているひとに向けて

「西東京市 ロボット プログラミング村」

の管理人が投稿しています。

この記事によって、管理人自身も、ロボット プログラミングを学び、成長し、そして遊ぼうという目的もあります

ロボットをプログラミングで色々動かして遊びます。

初歩から始めます。

ゆっくり、まったりやります。

自分で手を動かし、自分で動きを考えるのが一番です。

安価なものから始めますので、是非自分で購入し、遊んでください。

一緒に始めましょう。

ロボットを作り、動かして、遊ぶ「もくもく会」を、

西東京市の田無駅近辺の貸し教室または公民館で、不定期に開催予定です。

そのときに各自のロボットを持ち寄り、情報交換しましょう。

お互いのロボットで楽しく遊びましょう。

 

日本のロボット・プログラミング事情

1.日本は産業用ロボットでは世界一

実は、日本は、産業用ロボットでは世界一なのです。

FUJIFANUC、川崎重工、安川電機、不二越、ナブテスコ、ダイヘン、パナソニック社などが、がんばっています。

日本は、自動車産業とエレクトロニクス産業などの発展と共に

これら産業用ロボットの会社が成長してきました。

 

日本の産業用ロボット

 

 

2.もともと、日本人は、特に江戸時代に、「からくり人形」を盛んに作っていました。https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%8B%E3%82%89%E3%81%8F%E3%82%8A 参照。

「からくり人形」は、プログラミング制御はないですが、まさに「ロボット」です。

庭の「鹿追い」も、「ロボット」です。

またマンガでも、1960年代から、手塚治虫の「アトム」、石森章太郎の「鉄人28号」など、

「ロボット」が日本人は、大好きなのです。

 

3.しかし、残念なことに、日本は、IT後進国です。ロボットのようなハードウェアは優れていますが、

ハードウェアを制御するソフトウェアが相当遅れています。

遅れている代表例としては、「スマートフォン」です。

NTTドコモ、AUなどの携帯電話の販売所にいくと、日本製はほとんどありません。

SHARPは日本製じゃないか!? という方がいるかもしれません。

しかし、SHARPはいま台湾の会社です。

日本製はSONY、FUJITSU、Kyocera、CASIOくらいでしょう。

韓国、中国、台湾、アメリカ(主にi-phone)、がほぼスマフォ市場を占めています。

韓国はLG,SAUMSUNGのスマフォは相当早く日本に進出して人気があります。

中国は、中国深センに特区を設け、ものすごい勢いでIT技術や他の技術を進歩させ、

ニュースを賑わせるファーウェイのスマフォは5G時代で相当売れるはずです。

とんねるずの木梨憲明が出ているCMで「OPPO」というスマフォが登場していますが、中国製です。

中国製ということはいっていませんがこれはマーケティング戦略でしょう。

すごく安くてガジェット系YOUTUBERの評価によると安くて性能がよいとのことです。

スマフォは、ソフトウェア次第で 操作画面をいかようにも変えることができます。

日本はいわゆるガラケーで突っ走っていましたが、他国はスマフォで携帯電話を作り始めていました。

韓国や中国などは、現金決済をスマフォ決済にいつの間にか切り替えて、

スーパーのレジなどの人件費を削減、決済のスピード化をすぐに実現しました。

日本は造幣局のお札の印刷の技術がすごいので、お札文化をなかなか切り離せないでしょう。

日本はようやく徐々にスマフォ決済が普及し始めました。

いまだに現金決済が多いのが現状ですが。

 

4.自動運転の自動車はある意味ロボットですが、自動運転の自動車も後進国です。

トヨタでさえ、アメリカの「テスラ」という自動運転の自動車会社に負けています。

そのうち中国にも油断すると負けるのではないでしょうか。

5.救いは、任天堂やSONYのプレステなどのゲームのソフトウェアでリードはしているものがあることです。

アニメに画像を助けてもらっているからかもしれません。アニメはこれからも不動の世界一でしょう。

 

西東京市のロボット・プログラミング事情

 

さて、わが町西東京市はどうでしょう?西東京市はシチズン時計株式会社の本社があります。

シチズン様は、精密機械である時計、工作機械など、世界的な技術力をお持ちです。

さぞかし、シチズン様の本社のある西東京市は、ロボット教育が進んでいるのでは!?

・・・と思いきや、GOOGLE検索すると、西東京市の「第66回 小学校におけるプログラミング教育」についてhttps://www.city.nishitokyo.lg.jp/smph/enjoy/のrokutosciencecolumn/rokutosaiensukoramu/koram_66.html
という記事がありました。

まだこの記事を見たとたん、西東京市の小学校のプログラミング教育が進んでいないことが分かります。

ほとんど何も書かれていないからです。

教育の財源がないこともありますが、

先生もまだあまりヤル気がないとの風のうわさを聞きます。

導入されたPCもスペックが低いようです。

これでは、IT後進国が、IT発展国になるのは いつのことにやるやら!?

西東京市の街角にはロボット・プログラミング教室があるので、

ロボット・プログラミング教室に通えるお子さんは、どんどんロボット・プログラミングの力がつきます。

しかし、ロボット・プログラミング教室に通えないお子さんは、

いまの小学校のまだ不備の多いロボット・プログラミング教育のみで学ぶしかありません。

IT人材が慢性的に不足というのに・・・

PCの画面に三角形を書いたり、五角形を書いたり、そのくらいの程度のことしかやっていないとも聞きます。

これでは、

 

 

「オモシロクナーーーイ!」

 のです。

 

なぜ、他の競合国より大幅に遅れていて、かつ、大事なところに教育費を投入しないのでしょうか?

日本の政策が、よくわかりません。

ベネッセや、ヒューマンアカデミー、Z会などもロボット・プログラミング教育を行っていますが。

税金を使ってIT人材を育てるべきです。

 

 

オモシロイ 教材・授業であれば

「ヤッター! スゴイ、スゴイ。 コンピュータって、楽 しいナア ! 」

となります。

 

西東京市のジュニアやシニアが、ロボット・プログラミングに取り組めるように

ロボット・プログラミング普及活動を、このHP・ブログを投稿しつつ始めます。

すでに多くの先人が始められています。

先人の方々、何かよいアドバイスがあればご指導いただければさいわいです。よろしくお願いします。

 

ロボット・プログラミングの遊び方

1.ロボットの遊び方

 

(1)「PCの画面中の仮想的なロボットで遊ぶ方法」

PC画面の中にいるアバター(スキンともいいます)をロボットとして動かす遊び方です。

a.マインクラフト

(2)完成品で遊ぶ;

https://www.google.com/search?q=%E7%8E%A9%E5%85%B7%E7%94%A8%E3%83%AD%E3%83%9C%E3%83%83%E3%83%88&oq=%E7%8E%A9%E5%85%B7%E7%94%A8%E3%83%AD%E3%83%9C%E3%83%83%E3%83%88&aqs=chrome..69i57j0i333.7408j0j15&sourceid=chrome&ie=UTF-8

 

(2)「レゴブロックのようなブロックを組み合わせて作って遊ぶ方法」

ロボットをブロックで作り、PCやタブレットで組んだプログラムでロボットを色々と動かす遊び方です。

a.レゴ 「MIND STROM」

b.SONY 「KOOV」

 

(3)「キットを買って作って遊ぶ方法」

独立歩行ロボット、独立走行ミニカー(ライン・トレーサーなどと呼びます)などの

組み立てキットでロボットを作って動かす遊び方です。

東京ならば、秋葉原に昔から有名な「秋月電子」という店で買えます。通販でも対応可能です。

https://akizukidenshi.com/catalog/goods/search.aspx?keyword=%83%8D%83%7B%83b%83g&tree=&maker=&goods=&number=&name=&min_price=&max_price=&last_sdt=&sort=&style=T&search.x=102&search.y=16 このURLからロボットキットを検討してください。

 

秋葉原には、ロボット専門店もあります。

https://www.google.com/search?q=%E7%A7%8B%E8%91%89%E5%8E%9F+%E3%83%AD%E3%83%9C%E3%83%83%E3%83%88%E5%B0%82%E9%96%80%E5%BA%97&oq=%E7%A7%8B%E8%91%89%E5%8E%9F%E3%80%80%E3%83%AD%E3%83%9C%E3%83%83%E3%83%88&aqs=chrome.7.69i57j0l7.14060j0j15&sourceid=chrome&ie=UTF-8

 

(4)「自分で工作で作って遊ぶ方法」

以下の本などを参考にロボットを作って遊びます。

https://www.hamlife.jp/2020/06/08/kodomonokagaku-202007/

 

3つのポピュラーなロボット・プログラミングのツール

例示的に代表的なロボット・プログラミングを示します・

 

(1)マイクロソフトが代理店となっているMOHANG社の「マインクラフト」

 

 

(2)マイクロビット「アドバンスセット」

 

 

(3)レゴ「マインドストーム」

世界で一番売れています。よってYOUTUBEで世界中のレゴファンの人の番組が見れます。

 

プログラミングのみが練習できる無料サイト

様々なプログラミンミング言語が「無料」で学べます。

・プロゲート;https://prog-8.com/

・ドットインストール;https://dotinstall.com/

 

もくもく会について

ロボット・プログラミングのもくもく会を西東京市で開催したいと思います。コロナ終息次第ですが。

それを見てお問い合わせにご連絡ください。もくもく会開催のときにご連絡します。

もちろん西東京市以外の方も ご参加ください。

ジュニアからシニアまで歓迎します。小学生のお子さんは親御さんと一緒にご参加ください。

 

まとめ

相当日本はソフトウェアの遅れで、かって、「JAPAN AS NO.1」 といわれた日本が

「後進国」とまでいわれるようになりました。

西東京市で、草の根から、ロボット・プログラミングを積極的に取り組み、

アメリカ、中国、韓国、台湾、インドなどに 負けないように、楽しみながら 挽回しましょう。

シチズン時計の技術者の方あるいは地元でコンピュータ・プログラミング分野で、

アドバイスいただける方がいたらよろしくお願いします。

 

 

 

今回はこのHP・ブログ「西東京市 ロボット プログラミング ブログ村」の

コンセプト・概略を記載しました。

 

今後、特にマインクラフト、マイクロビット、マインドストームを中心に、

ロボット・プログラミングを、遊びながら学んでいきます。

その過程を投稿していきます。

 

 

また是非お訪ねください。

 

西東京市 ロボット プログラミング村

管理人 ロボット太郎

 

-ロボット・プログラミングのこと色々

© 2021 西東京市 ロボット プログラミング シニア奮闘記 Powered by AFFINGER5