自己紹介とITの変遷

Pocket

このブログの投稿人は、

西東京市で、「根本義塾」という屋号で、

主に数学を中高生に教えるオンライン塾を運営しています。

エレクトロニクスとの出会いは、

小学4年で、隣のお兄さんに、ゲルマラジオを見せてもらったときです。

 

 

電池がなくてもラジオが聞こえる!びっくりしました。

その感動のあまり、エレクトロニクスが趣味になりました。

 

その後、半田ごてを持って、ラジオや受信機を作っていました。

アマチュア無線もやっていました。

 

 

とにかくエレクトロニクスが大好き

高校時代に、米国のTANDY RADIO SHACKの出店が家の近くにできました。

その出店に画面とキーボードが一体化したパソコンが売られていました。今のPCの性能に比べ相当低いものでしたが、

確か30万円以上で売られていました。とても手がでないし、パソコンなるもので何ができるか分からないので

そのときは興味が沸かなかったです。

大学に入ると、NECがPC8800,9800,富士通がFM'7, SHARPがMZ2000 を 製販し始めました。

9800は16ビットマシーン。それ以外は8ビットマシーンでした。まだOSにWINDOWSは使われていませんでした。初期の8ビットまたは16ビットマシーンは、OSでさえも、カセットテープまたはフロッピーディスクで読み込んでから立ち上げるものも多くありました。筐体もバカでかくて場所を取ってしょうがありませんでした。

 

 

インターネットもまだ普及していませんでした。

2000年前後から、WINDOWSが登場。特にWINDOWS98が出てから、素人でもインターネットにようやく簡単に接続できるようになりました。

その後、マイクロソフトはWINDOWS2000、XP、7、8,10と立て続けに出し、OSのシェアを取っていきました。

 

 

一方、アップル社も、MAC OSでがんばっていました。

 

 

インターネットに簡単に接続できるようになってから、米国のGOOGLE社が、ネット検索界のシェアをほぼ寡占しました。特にYAHOOがGOOGLE社の検索を利用するようになってから さらに拍車がかかりました。

ラップトップ型PC,ノート型PCが段々普及し、驚くべき性能で驚くべき安さで 出現しました。中国が技術力をつけはじめてからだと思います。

そして、携帯電話も、コンピュータ並みの性能となり、スマートフォンが普及しました。

 

 

日本はPCのハードウェアについては力を持っていましたけれども、ソフトウエアは特にOSがアメリカに独占され、どんどん遅れてしまいました。

アメリカを追うように、韓国、中国、台湾、インドがソフトウェア大国になり、日本はIT後進国になってしまいました。

ハードウェアは、どんどんファイン化(微細化)し、かつ、集積化し、部品がもはや視覚化できなくなりました。こうなると、もはやハードウェアはブラックボックス化し、それをソフトウェアでいかにうまく動作させるかが、ポイントとなりました。

すなわち、日本はIT後進国になり この波に乗り遅れました。白旗状態です。

中には携帯電話のOSとしてTRONは、日本の技術として活躍していますが。

挽回は難しい。

しかし、千里の道も一歩から。

がんばりましょう!

 

西東京市ロボット・プログラミング村

 

管理人 根本通裕

 

 

© 2021 西東京市 ロボット プログラミング シニア奮闘記 Powered by AFFINGER5