エレクトロニクスと ITと・・・

Pocket

本ブログ投稿者は、

西東京市から「根本義塾」という名称で、

高校生向けに主に数学と英語の勉強方法を発信しています。

ITとエレクトロニクスとの出会い!?から
出会ってからITとエレクトロニクスが
どのように進歩していったかについての変遷をお伝えします。

エレクトロクスとの出会い

エレクトロニクスとの出会いは、

小学4年で、隣のお兄さんに、ゲルマラジオを見せてもらったときです。

電池がなくてもラジオが聞こえる!びっくりしました。

その感動のあまり、エレクトロニクスが趣味になりました。

 

その後、半田ごてを持って、ラジオや受信機を作っていました。

アマチュア無線もやっていました。

 

 

とにかくエレクトロニクスが大好きな少年でした。

パソコンとの出会い

高校時代に、米国の有名なエレクトロニクスショップの「TANDY RADIO SHACK」の出店が家の近くにできました。

その出店に画面とキーボードが一体化したパソコンが売られていました。今のPCの性能に比べ相当低いものでしたが、

確か30万円以上で売られていました。とても手がでないし、パソコンなるもので何ができるか分からないので

そのときは興味が沸かなかったです。

PCの進化について

大学に入ると、NECがPC8800,9800,富士通がFM7(タモリが宣伝していました。タモリもエレクトロニクスが大好きで今もアマチュア無線をやっているとのことです), SHARPがMZ2000などを製販し始めました。

PC9800は16ビットマシーン。それ以外は8ビットマシーンでした。まだPCを司るオペレーティング・システム(以下OSと略します)にWINDOWSは使われていませんでした。

初期の8ビットまたは16ビットマシーンは、OSでさえも、カセットテープまたはフロッピーディスクで読み込んでから立ち上げるものも多くありました。

筐体もバカでかくて場所を取ってしょうがありませんでした。
特に奥行き方向が長いので机をかなり占めてしまいました。

 

 

液晶ディスプレイは始めはやたら高かったです。新宿のPC店に行ったときに(当時のアイドル)早見優がいて随分大きな液晶ディスプレイで高価なものを買っていました。芸能人は金持ちだなーーと思いました。

いまはものすごく安いので
いいディスプレイも買い易くなりました。中国、台湾、韓国企業のおかげです。

さてPCに話を戻します。とくにPC9800の日本での普及はめざましかったです。研究室や工場でなにか測定器や装置などを買うと必ずPC9800が測定器や装置などを制御したりデータ保存をするために付属していました。N88BASICというBASIC言語もあわせて普及しました。日本でのPC9800の快進撃は10年くらい続いたかもしれません。

しかしNECは日本以外ではIBMベースのOSでPC9800を販売していました。大型コンピュータ市場はIBMがほぼ独占していたからです。やがて下記のようにOSがWINに変わるにつれPC9800は市場から姿を消しました。

ここで日本人でも4ビットのCPUが発明者いたことを明記しておきます。CPUは基本たったの一人で設計しないとうまくいかないと言われています。

INTEL4004というCPUです(金メッキの足が美しいですね)。

このINTEL4004の発明者は

嶋正利(『マイクロコンピュータの誕生 ──わが青春の4004』著)さんです。

機会があれば上記の『マイクロコンピュータの誕生 ──わが青春の4004』という本を読んでみてはいかがでしょうか? 現在は日本人でCPUを設計できる人はおそらくいないです。

AMAZONではプレミア価格でなんと1万2千円。図書館で借りましょう。

 

インタネットがついに日本でも普及

アメリカの軍事用として世界に張り巡らされてたインターネットの大衆化は日本は遅れていました。

2000年前後から、マイクロソフト社のWINDOWSが登場。

特にWINDOWS95そしてWINDOWS98が出てから、素人でもインタネットにようやく簡単に接続できるようになりました。この前はネット接続がホントーーーーーーに大変でした(汗)。

その後、マイクロソフトはWINDOWS2000、xp、7, 8, 10と立て続けに出し、OSのシェアを取っていきました。

 

 

一方、アップル社も、MAC OSでがんばっていました。アップル社がご存じスチーブジョブスを中心に創設されました。
自宅のガレージで友人ウォズニアック氏とスタート。
マッキントッシュPC(俗称はご存知「マック」)とともにどんどん人気が出ました。当初は音楽家やデザイナなどの芸術家・アーティストが好んで使用していました。WIN PCに比べると高価でした。

しかしマックは根強いファンを獲得し成功を収めました。

スチーブジョブスは自分が引っ張ってきて取締役にした人物から自分がアップル社を首になりアップル社を去りました。しかしスチーブジョブスはNeXT社へと。その後アップル社がこのNEXT社を買収しまたスチーブジョブスはアップル社のCEOに返り咲き、NEXT社で得た技術も活かしつつアップル社を不動の位置へもっていきました。

スチーブジョブスがアメリカの名門スタンフォード大学の卒業式でSTAY FOOLISH, STAY HUNGRY」で締めくくる祝辞はあまりに感動的で有名。見ていない方は是非とも見て下さいませ。

ちょっと脱線しました(笑)。また話を元に戻します。

 

 

検索エンジンをGOOGLEが寡占

インタネットに簡単に接続できるようになってから米国のGOOGLE社がネット検索界のシェアをほぼ寡占しました。

特にYAHOOがGOOGLE社の検索を利用するようになってから さらに拍車がかかりました。

GOOGLEはYouTubeも配下に入れ動画市場にも進出しました。

GOOGLEはGOOGLEアナリティクスやGOOGLEコンソールなど、

我々使用者に様々な無料サービスも提供してくれています。

さすがアメリカ企業といった感じです。

PC、スマフォの普及が加速

ラップトップ型PC,ノート型PCが段々普及し、

驚くべき性能で驚くべき安さのPCが出現し、

もはや一家に一台か二台以上のペースでPCが普及しています。

比較的まだ製造者の労働賃金が低い中国や台湾などが

技術力をつけ始め優れたPCを製販できるようになったからだと思います。

ACER, ASUS, CHUWI, MSI, LENOVO(IBMがPC部門を中国に売却)などが有名どころでしょうか・・・。

携帯電話も、コンピュータ並みの性能となり、スマートフォン(スマフォと以下略します)が普及しました。今やPCを持たずにスマフォだけの学生もいます。スマフォでプログラミングもできますし、ホームページも作れます。音も年々良くなりもはやWALKMANのように聴くだけのガジェットは徐々に姿を売れ行きが下降・・・。

特にアップル社は創業者スチーブジョブスがこの世を去ってどうなることやらと思いましたが、ご存知 i-PHONEの快進撃は凄いです。あわせてアップル社のマッキントッシュ、特にノートPCを中心に根強い人気。

 

 

我が国日本はIT後進国!?(涙)

日本はPCのハードウェアの力そこそこを持っいたけれども、ソフトウエアは特にOSがアメリカに独占され、どんどん遅れてしまいました。ご存じアメリカのGAFAM(グーグル、アップル、フェースブック、アマゾン、マイクロソフト)が世界を席巻。

アメリカ以外も、韓国、中国、台湾、インドがソフトウェア大国になり、日本はIT後進国になってしまいました。

ハードウェアは、中の部品がどんどんファイン化・微細化し、かつ、部品がもはや米粒くらいの大きさになりました。部品の配置も基板中に2次元そして3次元方向に集積化し視覚化できなくなりました。

こうなると、もはやハードウェアはブラックボックス化し、それをソフトウェアでいかにうまく動作させるかが、性能向上のポイントとなりました。

すなわち、日本はIT後進国になり この波に乗り遅れました。白旗状態です。

 

挽回しましょう

IT,ソフトウェアの挽回は難しい。

しかし、千里の道も一歩から。

がんばりましょう!

西東京市ロボット・プログラミング村

ロボット村_管理人
よろしくお願いします。

 

 

執筆者: nemoto-robot-study

© 2021 ロボット プログラミング シニア 初心者 奮闘記 Powered by AFFINGER5